甃友会は医療・介護・福祉の分野で
地域社会に貢献する医療法人です。

笑顔…たいせつに。

私ども、医療法人 甃友会は和歌山市に開設し、30年を越え成熟期を迎えています。昭和の62年に設立し、平成の30年間そして令和と度重なる制度改正や、時代と共に変わっていく社会の環境に翻弄されながらも、地域の医療福祉に尽力してまいりました。
合言葉は、「笑顔大切に・・・」。
笑顔は幸せな状態であるという証です。医療は健康と安心、福祉は幸せ創りそのものであると考えています。超高齢社会、人口減少社会といわれ久しいですが、現在国民の7割以上の方々が70歳以下の方は高齢者では無いと考えています。
また、医療技術も目覚ましい進歩を続けています。人口知能や介護ロボットの活用も含め、そのような環境を前向きに捉え、今後も地域の医療福祉の増進に寄与して参りたいと考えています。
今後とも、医療法人 甃友会にご理解とご協力をお願い致しましてご挨拶とさせていただきます。

医療法人 甃友会
理事長 中井 均

甃友会グループの紹介

  • 医療部門

    • やまもとクリニック
    • 安川診療所
  • 総合相談窓口

    • 居宅介護支援事業所
      在宅医療総合ケアセンター
    • コミュニティプラザ
      ぶらりBLISS
  • 訪問サービス

    • 訪問介護ステーション メロディ
    • 訪問看護ステーション ハーモニー
  • 施設サービス

    • 介護老人保健施設 光苑
    • 介護老人保健施設
      光苑ケアセンター
    • 介護付有料老人ホーム
      BLISSぶらくり
  • 通所サービス

    • 介護老人保健施設 光苑
    • 介護老人保健施設
      光苑ケアセンター

沿 革

昭和32年中井医院(内科・産婦人科)
昭和62年09月医療法人化
昭和63年12月老人保健施設 光苑 開設(54床)
平成04年04月中井クリニック 新築/老人保健施設 光苑 増床(67床) 理事長 中井 甃 就任
平成05年04月訪問看護ステーション ハーモニー開設
平成08年05月ユニティクリニック開院(現 安川診療所)
平成10年09月やまもとクリニック開院
平成11年11月訪問介護ステーション メロディ開設
居宅介護支援事業所 在宅医療総合ケアセンター開設
平成12年04月介護老人保健施設 光苑ケアセンター開設(23床)
平成21年06月介護付有料老人ホーム BLISS(ブリス)ぶらくり開設
平成23年07月コミュニティプラザ ぶらりBLISS開設
平成26年09月介護老人保健施設 光苑ケアセンター(サテライト型介護老人保健施設へ変更)
平成27年01月やまもとクリニックと中井クリニック統合(やまもとクリニック秋月570番地に変更)
平成30年04月新理事長 中井 均 就任

施設について

老健とは

介護老人保健施設(老健)とは、医療的ケアやリハビリを行い在宅復帰をサポートする施設です。 病院入院後に身体機能が低下した方、これまで自宅で生活していたものの疾病にて一時的に介護量が増大した方などが入所対象となります。
当施設では老健の本来の目標である在宅復帰に特に力を入れており、2018年4月の介護保険改正以降から、いわゆる超強化型(在宅復帰・在宅療養支援加算IIを算定)でスタートすることができました。 その一方で、医療・介護・リハビリといった様々な職種のスタッフを有する老健の特色を活かし、 終末期のケアにも力を入れ、様々な疾患に対応しております。

在宅強化型施設とは

2018年度の介護保険制度改正により、介護老人保健施設サービスは、「超強化型」「在宅強化型」「加算型」「基本型」「その他」の5段階に分類されることとなりました。

★分類項目とは
①在宅復帰率
②ベッド回転率
③入所前後の訪問指導割合
④退所前後の訪問指導割合
⑤居宅サービスの実施状況
⑥リハビリテーション専門職の配置人数
⑦支援相談員の配置人数
⑧要介護重度者の受け入れ状況
⑨喀痰吸引が必要な方の受け入れ状況
⑩経管栄養が必要な方の受け入れ状況

上記10項目の判定から、90点満点中の70点以上だと「超強化型」と認定を受ける事ができ、光苑・光苑ケアセンターはこれまでの取り組みの成果として、2018年4月の制度改正後より「超強化型」の認定を受けています。
介護老人保健施設全体の役割を全うすることで受けられた認可である事を理解し、これからも地域・社会に求められる施設であり続けることを目標と定め、スタッフ一同取り組んでいきたいと考えています。

医療機関ではなく、老健だからこそできることがたくさんあります。
ぜひ一度ご相談ください。

お知らせ